【NEWS】第12回下北沢映画祭 10.2(金)-10.4(日)オンライン開催決定! 「映画は、いつもの街で待っている」

  • LINEで送る

■「下北沢映画祭」公式サイト

ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩るさまざまなカルチャーを切り口にしたプログラムを行う下北沢映画祭。12回目を迎える今年は、10月2日(金)~4日(日)の3日間、新型コロナウイルス感染拡大防止およびお客様とゲスト、スタッフの安全確保のため、オンライン開催決定!

メインプログラムのコンペティションは、全国から応募のあった237作品の中からノミネート作品10作品をオンライン配信。ゲスト審査員に『Red』の三島有紀子監督をお迎えし、授賞式、トークセッションは下北沢から生配信でお届けします。

 そして、“演劇の街”下北沢を舞台にした芥川賞作家、又吉直樹の原作小説の映画化『劇場』など下北沢ともゆかりの深い行定勲監督と、曽我部恵一さんによるトークイベントや、観客動員数1万人突破、スマッシュヒット中のヨーロッパ企画初の長編映画『ドロステのはてで僕ら』初のコメンタリー上映も開催します!

【A program】  コンペティション

 【SCHDULE】10.3(土)12:00-19:30(予定)

【TICKET】¥2,000

実写、アニメーション、ドキュメンタリーなどジャンルを問わずに公募を行うコンペティション。応募総数237作品の中からスタッフによる選定を通過した全10作品を上映。ゲスト審査員によるグランプリと準グランプリのほか、観客の皆さまの投票による観客賞、下北沢商店連合会会長賞が決定します!

※授賞式、審査員とノミネート監督のトークセッションは下北沢から生配信を行います。

※タイムテーブルは9月下旬に映画祭公式サイトにて発表

<第12回下北沢映画祭 ノミネート作品>

『愛をたむけるよ』(監督:団塚唯我/28分45秒)
『形をとって』(監督:宮崎樹里愛/28分11秒)
『蝸牛』(監督:都楳勝/19分)
『curfew』(監督:無し 制作代表:諫早幸作/53分07秒)
『杭を打て』(監督:村上創紀/37分00秒)
『覚めぬ夢などあるじゃなし』(監督:目黒大輔/17分)
『SHADE』(監督:野口高遠/6分2秒)
『ストレスフルスイング』(監督:山村もみ夫。/14分35秒)
『多日想果』(監督:大門 嵩/19分19秒)
『ナイトライダー』(監督:佐藤安稀/41分)

※詳しい作品紹介は下北沢映画祭公式サイト

<コンペティション審査員>

◾三島有紀子(映画監督)

1969年4月22日生まれ、大阪市出身。NHKで「NHKスペシャル」など〝人生で突然ふりかかる出来事から受ける、心の痛みと再生〟をテーマに、ドキュメンタリー作品を企画・監督していたが、劇映画を撮るため退局。『幼な子われらに生まれ』(17)で、第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞、第42回報知映画賞監督賞、第41回山路ふみ子映画賞を受賞。他監督作品に『しあわせのパン』(12)、『繕い裁つ人』(15)、『少女』(16)などがあり、各国の映画祭への招待や韓国・台湾での劇場公開も果たしている。最新作は『Red』。

◾大槻貴宏(トリウッド代表・ポレポレ東中野支配人)
◾轟夕起夫(映画評論家)
◾直井卓俊(企画・配給プロデューサー)

ノミネート作品上映+舞台挨拶+授賞式+審査員&ノミネート監督全員によるトークセッション

B program】  行定勲監督スペシャル対談 -コロナ禍での変化と下北沢- powered by 世田谷サービス公社

【SCHDULE】10.4(日)13:00-15:00(予定)

【TICKET】 ¥1,800

back numberの楽曲を元にしたショートムービー『世田谷ラブストーリー』を手がけるなど、以前より下北沢にゆかりのある行定勲監督。今年7月には又吉直樹原作で下北沢を舞台にした『劇場』が公開され、配信と劇場公開を同時に行うなど新しい挑戦が話題に。またコロナ禍ではいち早く、リモート映画『きょうのできごと a day in the home』を制作し、映画界へ大きな影響を与えました。行定監督と、『劇場』で音楽を手がけられたミュージシャンの曽我部恵一さんをゲストにお迎えし、下北沢への想いや、コロナ以後の創作活動の変化について対談形式で存分に語っていただきます。世田谷サービス公社×下北沢映画祭ならではのプログラム。続報をお待ちください!

C program】『ドロステのはてで僕ら』上映 in 下北沢映画祭

【SCHDULE】10.4(日)16:00-19:00(予定)

【TICKET】 ¥1,800

ヨーロッパ企画×下北沢トリウッド×下北沢映画祭で製作された『ドロステのはてで僕ら』。昨年10月の第11回下北沢映画祭で製作発表を行い、今年2月にヨーロッパ企画の本拠地・京都で撮影、6月にトリウッドと京都シネマの2館から上映をスタートした後、じわじわと全国に広がり、現在も絶賛ロングラン上映中。パズル的な構造、群像による長回し、秒単位でテレビ画面と絡み続ける役者たち、息もつかせぬ展開、臨場感あるカメラワークでスマッシュヒットを飛ばし、リピーター続出な本作を凱旋上映します。さらにゲストによるコメンタリーを併せて上映!

※そのほか、10.2はオープニングイベント、最終日夜はクロージングも予定!追加情報は、下北沢映画祭のTwitterで随時更新!

@shimokitafilm

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-8-740x128.png


  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。