MOOSIC LAB[JOINT]2020-2021オンライン上映!「眉村ちあきのすべて(仮)」「13月の女の子」「アルプススタンド のはしの方」ほか特別イベント付き上映続々!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-8-740x128.png

#01『眉村ちあきのすべて(仮)』

 【SCHDULE】11.26(木)21:00-トークA|❷ 12.1(火)21:00-トークB
【TALK GUEST】眉村ちあき(主演・音楽)×高柳明音(女優)/MC:坪井篤史(シネマスコーレ副支配人)
【TICKET】¥1.500

MOOSIC LAB 2019で審査員特別賞ほか多数受賞の怪作『眉村ちあきのすべて(仮)』。名古屋シネマスコーレ公開時に劇場上映限定で収録された、本作の出演・音楽・プロデューサーの眉村ちあきとタレント・女優の高柳明音による貴重な2人の対談(2パターン、各25min)付き上映がオンライン初登場!

#02 『ビート・パー・MIZU』『ソウル・ミュージック』『蝸牛』

 【SCHDULE】11.28(土)21:00-|❷ 11.30(月)21:00- ※トーク再放送
【TALK GUEST】都楳勝監督、諏訪珠理、小日向ひなた(蝸牛)/副島正紀監督、大島輝之、小山和朗(ソウル・ミュージック)富田未来監督、石川瑠華、遠藤史也、 坂田秀晃、とけた電球(岩瀬賢明、境直哉、高城有輝)
【TICKET】¥1.500

MOOSIC LAB 2019で評価を集めた3作品を一挙上映!富田未来×とけた電球『ビート・パー・MIZU』(審査員特別賞・最優秀女優賞=石川瑠華)、副島正紀×大島輝之&小山和朗&大谷能生『ソウル・ミュージック』(準グランプリ・男優賞&ミュージシャン賞=大島輝之&小山和朗)、都楳勝×ドアノブロック『蝸牛』(グランプリ・最優秀男優賞=諏訪珠理・ベストミュージシャン賞=ドアノブロック)。

#03 『13月の女の子』

 【SCHDULE】12.4(金)21:00– ★生配信|❷ 12.5(土)19:00-
【TALK GUEST】小宮有紗(女優)、秋本帆華(女優)、戸田彰弘監督
【TICKET】❶=¥1.800|❷=¥1,500

MOOSIC LAB[JOINT]2020-2021参加の戸田彰弘監督の人気作『13月の女の子』が戸田監督+主演キャスト2名による生配信特別トーク付きでオンライン初登場!

#04 『渋谷シャドウ』

 【SCHDULE】12.4(金)19:00– ★生配信|❷ 12.5(土)21:00-
【TALK GUEST】谷健二監督ほか
【TICKET】¥1.500

MOOSIC LAB 2019 特別招待作品として上映された同作品がオンラインにて限定上映決定!

#05 『アルプススタンドのはしの方』オンライン応援上映+α

【SCHDULE】
11.26(木)19:00– ★オンライン応援上映(チャット機能付)
【TALK GUEST】小野莉奈、西本まりん、中村守里、目次立樹、城定秀夫監督、KPほか
❷ 11.27(金)21:00- ★メイキングshort ver.
【TALK GUEST】1月に上演!高校演劇ver.Aチーム
❸11.28(土)19:00-★メイキングshort ver.
【TALK GUEST】1月上演!高校演劇ver.Bチーム
❹11.29(日)21:00- ★オンライン応援上映(チャット機能付)
【TALK GUEST】小野莉奈、西本まりん、中村守里、目次立樹、城定秀夫監督、KPほか ※11.26(木)の再放送になります。

【TICKET】¥1.500

TAMA映画賞・特別賞も受賞!現在も全国でロングランヒット中の本年度随一の青春映画がオンライン初登場!チャット機能を使った貴重な”オンライン応援上映”を実施!メイキングShort ver.の併映やトークショーなども予定!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-8-740x128.png

【NEWS】第12回下北沢映画祭 10.2(金)-10.4(日)オンライン開催決定! 「映画は、いつもの街で待っている」

■「下北沢映画祭」公式サイト

ジャンルを問わないコンペティションをメインプログラムに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど下北沢を彩るさまざまなカルチャーを切り口にしたプログラムを行う下北沢映画祭。12回目を迎える今年は、10月2日(金)~4日(日)の3日間、新型コロナウイルス感染拡大防止およびお客様とゲスト、スタッフの安全確保のため、オンライン開催決定!

メインプログラムのコンペティションは、全国から応募のあった237作品の中からノミネート作品10作品をオンライン配信。ゲスト審査員に『Red』の三島有紀子監督をお迎えし、授賞式、トークセッションは下北沢から生配信でお届けします。

 そして、“演劇の街”下北沢を舞台にした芥川賞作家、又吉直樹の原作小説の映画化『劇場』など下北沢ともゆかりの深い行定勲監督と、曽我部恵一さんによるトークイベントや、観客動員数1万人突破、スマッシュヒット中のヨーロッパ企画初の長編映画『ドロステのはてで僕ら』初のコメンタリー上映も開催します!

【A program】  コンペティション

 【SCHDULE】10.3(土)12:00-19:30(予定)

【TICKET】¥2,000

実写、アニメーション、ドキュメンタリーなどジャンルを問わずに公募を行うコンペティション。応募総数237作品の中からスタッフによる選定を通過した全10作品を上映。ゲスト審査員によるグランプリと準グランプリのほか、観客の皆さまの投票による観客賞、下北沢商店連合会会長賞が決定します!

※授賞式、審査員とノミネート監督のトークセッションは下北沢から生配信を行います。

※タイムテーブルは9月下旬に映画祭公式サイトにて発表

<第12回下北沢映画祭 ノミネート作品>

『愛をたむけるよ』(監督:団塚唯我/28分45秒)
『形をとって』(監督:宮崎樹里愛/28分11秒)
『蝸牛』(監督:都楳勝/19分)
『curfew』(監督:無し 制作代表:諫早幸作/53分07秒)
『杭を打て』(監督:村上創紀/37分00秒)
『覚めぬ夢などあるじゃなし』(監督:目黒大輔/17分)
『SHADE』(監督:野口高遠/6分2秒)
『ストレスフルスイング』(監督:山村もみ夫。/14分35秒)
『多日想果』(監督:大門 嵩/19分19秒)
『ナイトライダー』(監督:佐藤安稀/41分)

※詳しい作品紹介は下北沢映画祭公式サイト

<コンペティション審査員>

◾三島有紀子(映画監督)

1969年4月22日生まれ、大阪市出身。NHKで「NHKスペシャル」など〝人生で突然ふりかかる出来事から受ける、心の痛みと再生〟をテーマに、ドキュメンタリー作品を企画・監督していたが、劇映画を撮るため退局。『幼な子われらに生まれ』(17)で、第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞、第42回報知映画賞監督賞、第41回山路ふみ子映画賞を受賞。他監督作品に『しあわせのパン』(12)、『繕い裁つ人』(15)、『少女』(16)などがあり、各国の映画祭への招待や韓国・台湾での劇場公開も果たしている。最新作は『Red』。

◾大槻貴宏(トリウッド代表・ポレポレ東中野支配人)
◾轟夕起夫(映画評論家)
◾直井卓俊(企画・配給プロデューサー)

ノミネート作品上映+舞台挨拶+授賞式+審査員&ノミネート監督全員によるトークセッション

B program】  行定勲監督スペシャル対談 -コロナ禍での変化と下北沢- powered by 世田谷サービス公社

【SCHDULE】10.4(日)13:00-15:00(予定)

【TICKET】 ¥1,800

back numberの楽曲を元にしたショートムービー『世田谷ラブストーリー』を手がけるなど、以前より下北沢にゆかりのある行定勲監督。今年7月には又吉直樹原作で下北沢を舞台にした『劇場』が公開され、配信と劇場公開を同時に行うなど新しい挑戦が話題に。またコロナ禍ではいち早く、リモート映画『きょうのできごと a day in the home』を制作し、映画界へ大きな影響を与えました。行定監督と、『劇場』で音楽を手がけられたミュージシャンの曽我部恵一さんをゲストにお迎えし、下北沢への想いや、コロナ以後の創作活動の変化について対談形式で存分に語っていただきます。世田谷サービス公社×下北沢映画祭ならではのプログラム。続報をお待ちください!

C program】『ドロステのはてで僕ら』上映 in 下北沢映画祭

【SCHDULE】10.4(日)16:00-19:00(予定)

【TICKET】 ¥1,800

ヨーロッパ企画×下北沢トリウッド×下北沢映画祭で製作された『ドロステのはてで僕ら』。昨年10月の第11回下北沢映画祭で製作発表を行い、今年2月にヨーロッパ企画の本拠地・京都で撮影、6月にトリウッドと京都シネマの2館から上映をスタートした後、じわじわと全国に広がり、現在も絶賛ロングラン上映中。パズル的な構造、群像による長回し、秒単位でテレビ画面と絡み続ける役者たち、息もつかせぬ展開、臨場感あるカメラワークでスマッシュヒットを飛ばし、リピーター続出な本作を凱旋上映します。さらにゲストによるコメンタリーを併せて上映!

CLOSING PROGRAM】 -コンペティション受賞作+トークショー

【SCHDULE】10.4(日)19:30-
【上映作品】
グランプリ作品『杭を打て』(監督:村上創紀/37分)
準グランプリ作品『蝸牛』(監督:都楳勝/19分)

【TICKET】 ¥1,000

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-8-740x128.png


【NEWS】Miss iD×若手映画監督=短編演劇~自分らしさを手放さない女の子たち~ ※上映用オリジナル編集版が上映決定!

『Miss iD×若手映画監督=短編演劇~自分らしさを手放さない女の子たち~』

演劇!?映画!?新しい表現を模索した Miss iD×若手映画監督=短編演劇~自分らしさを手放さない女の子たち~各作品のトークショー付き編集版映像を配信決定!

浅草九劇の<オンライン型演劇場>リニューアル企画として7月5日に生配信された『Miss iD×映画監督=短編演劇 自分らしさを手放さない女の子たち』。「新しい時代をサバイブする多様な女の子のロールモデルを発掘するオーディション」Miss iD(https://miss-id.jp/)出身の女優をメインに、新時代を担う若い俳優たちのフレッシュな魅力と映画監督による独創的なビジョンが結実した舞台となった。

今回、生配信版とは異なる「編集版」がついに配信決定。全く異なるタッチの4つの短編演劇が新しく生まれ変わり、生配信時にも話題になった終演後の舞台挨拶(全作品)だけでなく、今回初公開となるトークショーもプラスされて配信される。

❶『スナックあぽかりぷす』
作・演出:大野大輔|出演:東条ジョナ、西本まりん

大野大輔監督(『アストラル・アブノーマル鈴木さん』『辻占恋慕』)の作品『スナックあぽかりぷす』には、「ミスiD2020」を受賞した東条ジョナさん、今夏を代表する日本映画『アルプススタンドのはしの方』をはじめ様々な映画やドラマ、舞台で活躍する西本まりんさんが出演。あるスナックでの会話劇がコロナ禍での日本社会の「はしの方」で起きている縮図として映し出される。

❷『来世は猫になりたい』
作・演出:のむらなお|出演:五味未知子

のむらなお監督(『からっぽ 』『男の優しさは全部下心なんですって』)の作品『来世は猫になりたい』には、「ミスiD2018」を受賞し五味未知子さんが出演。4本の中で唯一の一人芝居となる本作では、アイドル役を演じる五味未知子さんが現実とリンクしつつ、観客の自意識も強烈に刺激する作品となっている。投影映像を用いた演出にものむらなお監督の作家性が詰まっている。

❸『はるちゃん、あのね』
作・演出:鳥皮ささみ|出演:坂田莉咲、今川宇宙(大人の麦茶)、青矢修

 鳥皮ささみ監督(『GEEK BEEF BEAT』)の作品『はるちゃん、あのね』)には、Miss iD 2019で 「きみがいる景色が、この世界~昼~」賞に輝いた坂田莉咲さん、Miss iD 2015で「岸田メル賞」を受賞した今川宇宙(大人の麦茶)さん、Miss iD 2020ファイナリストの青矢修さんが出演。演劇というフォーマットで遊び尽くしながら、ストレートに観客の感情を揺さぶる物語が好評を博した。

❹『犬に噛まれる朝』
作・演出:首藤凜|出演:柿森まなみ、愛わなび、遠藤史也

首藤凜監督(『なっちゃんはまだ新宿』)の作品『犬に噛まれる朝』)には、Miss iD 2020で「今泉力哉賞」を受賞した柿森まなみさん、ミスSNS2019で準グランプリに輝き女優としても活躍もする愛わなびさん、今回が初めての舞台挑戦となる遠藤史也さんが出演。演技巧者の愛わなびさんと遠藤史也さんに支えられ、柿森まなみさんが初演技とは思えない存在感を発揮する本作は、オーソドックスな舞台設定の裏側にある暗喩を噛みしめるほどに味わいが増す作品となっている。

才能あふれる4人の監督のオリジナル脚本を、個性的な魅力を放つ9人の俳優が演じた作品が、編集という過程を経て、単なるアーカイブ映像ではなく、また別の新しい表現を生みだしているのにも注目したい。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-6-740x147.png

【TICKET】

¥2,500 ※すべて4作品連続上映+監督&キャストによるトークショー付き/上演時間:120min(予定) 

【SCHEDULE】

【SCHEDULE/TICKET/NOTE】11.26(木)-12.5(土)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-8-740x128.png

※料金:作品によって異なりますので、各作品詳細をご確認ください。
※上映当日0:00より上映時間5分前まで販売。
※当日券のみ購入可能。クレジットカード各種/携帯キャリア決済(Softbank、au、docomo)
※詳細は発売日にチケット購入ページをご確認ください。

【チケット購入方法について】
・各上映作品のページにある赤いボタンより「mu-mo Live Theater」へ移動し、ログイン手続きを行う。
 ❶+ID(登録無料)を取得
 ❷対象作品を選択
 ❸上映時間を選択
 ❹利用規約・注意事項を確認し、購入。
 ❺オンライン上映時間になったら視聴

【注意事項】
・オンライン上映の為、視聴環境によって映像が乱れる可能性がございます。通信環境の良い場所でご覧ください。
・本上映はトークショー含めアーカイブなしのオンタイム1回上映となります。
・通信料は別途必要となります。

TOPページに戻る

【NEWS】松居大悟✖️クリープハイプによる大ヒット作『自分の事ばかりで情けなくなるよ』オンライン・リヴァイバル上映!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-6-740x147.png

『自分の事ばかりで情けなくなるよ』

松居大悟監督によるオリジナル・ストーリーを、クリープハイプのヒットチューンが照らす、画期的な音楽映画、オンライン・リヴァイバル上映!

元カレが忘れられないピンサロ嬢、大好きなバンド・クリープハイプのライブ当日に残業させられているOL、一途な想いを爆発させるオタク青年、トレーラーハウスで生活する謎の青年と美しき家出少女。どうにもうまく立ち行かない日々にただただ怒りや涙を爆発させる彼らの後悔だらけの日々が少しずつ交差していく…。  劇団ゴジゲンの主宰であり『#ハンド全力』『私たちのハァハァ』『ワンダフルワールドエンド』など次々と話題作を手がける注目の新鋭監督・松居大悟が、人気ロックバンド”クリープハイプ”のフロントマン・尾崎世界観の原案を元に作り上げたMusic Videoと映画の境界線を超え、東京国際映画祭にも正式出品された画期的な音楽映画。この度、SHMTにてオンライン・リヴァイバル上映!

出演:池松壮亮、黒川芽以、山田真歩、大東駿介、安藤聖、尾上寛之、クリープハイプ

2013|監督・脚本:松居大悟│原案:尾崎世界観(クリープハイプ)│音楽:クリープハイプ|製作:ビクターエンタテインメント、プリミティブ│制作プロダクション:CONNECTS LLC│配給・宣伝:SPOTED PRODUCTIONS

【TICKET】

¥1500

【SCHEDULE】

■8.2(日)22:00 上映+松居大悟監督、奥村徹也(ゴジゲン)、目次立樹(ゴジゲン)
■8.5(水)22:00 上映+松居大悟監督、奥村徹也(ゴジゲン)、目次立樹(ゴジゲン) 【再】
■8.7(金)22:00 上映++松居大悟監督、奥村徹也(ゴジゲン)、目次立樹(ゴジゲン)【再】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: shmt_photo-5-740x616.png
TOPページに戻る

【NEWS】大ヒット作『性の劇薬』北代高士✖️渡邊将✖️城定秀夫監督による生配信トーク付き限定上映が決定!

『性の劇薬』

あんたは生きている―― そのことを実感させてやるよ

監禁・SM・調教を通し、強制的に「生」を植え付けられる―― 水田ゆきによる累計販売数100万ダウンロードを超える大ヒットBL電子コミック「性の劇薬」(ボーイズファン刊)が衝撃の実写映画化。「性」によって「生」の意味を見つける本作、ストーリー上でも重要となる性描写を余すところなく実写化するため、R-18指定での制作を決断した。監督は、「私の奴隷になりなさい 新章」や「新宿パンチ」等で知られ、濃厚な性愛シーン演出と卓越したストーリーテリングで映画ファンから熱烈な支持を受ける城定秀夫がメガホンを取る。 2020年、今まで誰も見たことのないBL映画が、ここに産声をあげる。 「俺のせいで、すべてが無くなった…」 完璧な人生から転落したエリートサラリーマンの桂木は、絶望のさなか酔った勢いで飛び降り自殺をはかる。 「捨てるなら…その命、俺に寄こせ!」 突然現れた謎の男・余田に助けられるのだが、それは恐ろしい監禁調教生活のはじまりだった…

出演:北代高士、渡邊将、長野こうへい、階戸瑠李、千葉誠樹、山本宗介、守屋文雄

2020|監督・脚本:城定秀夫|水田ゆき「性の劇薬」(ボーイズファン)|撮影:飯沼栄治|照明:守利賢一|録音:高島良太|音楽:林魏堂|公式サイト→https://seino-gekiyaku.com/|89分【R18+】

【TICKET】

¥1800

【SCHEDULE】

■7.26(日)22:00 上映+北代高士さん、渡邊将さん、城定秀夫監督による生配信トークショー
■8.1(土)22:00 上映+北代高士さん、渡邊将さん、城定秀夫監督によるトークショー 【再】
■8.4(火)22:00 上映+北代高士さん、渡邊将さん、城定秀夫監督によるトークショー【再】

TOPページに戻る

【お知らせとご報告】7.19(日)20:00-『テロルンとルンルン』+ゲストトーク&ミニライブ再上映決定!+7.12(日)に視聴された方へのご対応につきまして

※7.12(日)20:00-の「テロルンとルンルン」上映時に配信トラブルが起こってしまいました。心よりお詫び申し上げます。下記の通りご対応させて頂きますのでご確認ください。

❶ 7.12(日) 20:00-上映「テロルンとルンルン」の購入者の購入履歴を取り消しと致しました。(順次処理中です)
❷ 7.19(日)20:00-再上映を実施します。
❸ 7.12(日)に購入いただいた方は、19日(日)の再上映は0円で視聴可。(12日に購入いただいた際の同じIDとパスワードでログインできます。)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-8-740x128.png

『テロルンとルンルン』

声に出したら、壊れそうな季節だった---。注目俳優・岡山天音主演、窓越しに惹かれ合った孤独で不器用な青年と少女の物語

 実家のガレージに引きこもっている青年・類(岡山天音)。ある日聴覚に障害を持つ高校生・瑠海(小野莉奈)と窓を隔てて出会う。窓越しに交流を深めていくが、社会と学校から孤立している二人の境遇が彼らの静かな時間を狂わせていく。
 主演には その演技力と稀有な存在感で今最も注目を集める若手俳優・岡山天音(『王様になれ』『ワンダーウォール 劇場版』ほか)。 共演に台詞のない繊細な感情演技で鮮烈な印象を残す新進女優・小野莉奈(『アルプススタンドのはしの方』)。 さらに母親役として物語を牽引する二人の実力派・川上麻衣子、 西尾まり、 そして演技派・中川晴樹、 元Rev.fromDVL・橘紗希など多彩な俳優たちが集結した。 主題歌には、 独自の歌詞と唯一無二の声で人間の弱さと強さを表現する日食なつこの「vapor」。 監督は、 短編映画初監督作品で高い評価を受け本作が監督二作目となる新鋭・宮川博至。 美術を、 日本アカデミー賞最優秀美術賞に二度輝き2016年に紫綬褒章を受賞した部谷京子が手がける。 

岡山天音 小野莉奈 
川上麻衣子 西尾まり 中川晴樹 橘紗希
深海哲哉 末武 太 バズーカしげぞう 田中怜子 園田梨香 羽田慎之介 
松野秀司 大義サトシ 山田明奈 小川恭未子 内田 空  中村香穂  
猪上皇輝 宮川稜生

2019|監督:宮川博至|脚本:川之上智子|プロデューサー:奥野友輝、 三島 徹|撮影: 亀井義紀|美術監督:部谷京子|主題歌:日食なつこ「vapor」|エンディングテーマ: おとぎ話「少年少女」|日本|カラー|STEREO|50分 ©バズクロウ

【SCHEDULE】

■7.19(日)20:00 -※上映後、岡山天音、小野莉奈、宮川博至監督、蔵本健太郎(八丁座/支配人)によるアフタートーク(ZOOM収録)+有馬和樹(おとぎ話)ミニライブ【再】

【TICKET】

¥1500

※本作の売上の一部は広島の映画館「八丁座」にに分配されます。

●お詫び●7.12(日)「テロルンとルンルン」をご視聴頂いた皆さまへ

いつも当劇場にお越し頂きまして心より感謝申し上げます。

7月12日(日)の20時の上映回で配信トラブルが起こってしまいました。心よりお詫び申し上げます。

当該回のチケットをご購入のお客様には速やかにご返金処理を行わせて頂きます。

現在、振替の再上映を検討しております。その際には改めてご報告申し上げたく存じます。

今回、楽しみにして頂いた時間を不愉快にさせてしまい申し訳ございませんでした。二度と起こらない様に精進致します。

mu-mo Live Theater 支配人 岡田康弘

【NEWS】『ドンテンタウン』特別先行上映+ゲストトーク ※7/14(火)劇伴再現LIVE(菅原慎一バンド/ゲスト:佐藤玲)開催決定!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-8-740x128.png

『ドンテンタウン』

カセットテープが繋ぐ、交わるはずのない2人ーーー。ひと夏のポップで奇妙なニュータウンムービー!

 うまくいかない曲作りから逃れるかのように団地へと引っ越したシンガーソングライターのソラ(佐藤玲)。ある夜、新居の押入れから、前の住人が残した大量のカセットテープが見つかる。テープに吹き込まれていたのは、贋作画家として日銭を稼ぐ青年トキオ(笠松将)の「心の声」だった。
 見ず知らずのトキオの想いに触れるにつれ、「記憶」と「現実」が交錯していくソラの日常。カセットテープとピアノとアロハシャツと2人分の朝ごはん——交わるはずのなかったソラとトキオのひと夏の物語が始まる。
 ソラ役は、『泣くな赤鬼』『殺さない彼と死なない彼女』『架空OL日記』などで知られる若手実力派・佐藤玲。トキオ役は、『花と雨』『転がるビー玉』など出演作が相次ぐ、今注目の俳優・笠松将。その他、『きみの鳥はうたえる』の山本亜依、『岬の兄妹』の松浦祐也ほか実力派が揃う。メガホンをとったのは、本作が初の長編映画となる新鋭・井上康平。ミュージシャンの菅原慎一が映画劇伴を担当。古き良き日本の団地を舞台に、つかみどころのない不思議な青春譚を描き出し、音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2019」長編部門にて準グランプリを受賞した。

佐藤玲 笠松将
山本亜依 牛尾竜威 岩崎咲 森田ガンツ 安楽涼
伊藤こうこ 笈川健太 鶴岡千聖 / 松浦祐也

監督・脚本:井上康平|音楽:菅原慎一|撮影:高橋史弥|照明:梶本康平|録音・編集助手:平井諒|衣裳:片倉辰徳・森脇弘毅|ヘアメイク:堤絢香|助監督:八木孝明|劇中イラスト:オオヤヨシツグ|カラリスト:有賀遼|VFX:潮杏二|MA:北摂サウンドプロダクション|ラインプロデューサー:今泉智行|ロゴデザイン:鈴木哲生|宣伝美術:寺澤圭太郎|スチール:柴崎まどか|ポスターイラスト:黒木雅巳|企画:直井卓俊|制作:osampo|宣伝協力:平井万里子|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS2019|日本|カラー|5.1ch|61分 ©2019 osampo/MOOSIC LAB 

【SCHEDULE】

■7.14(火)19:00-※上映後、劇伴再現LIVE<演奏:菅原慎一バンド/ゲスト:佐藤玲>を渋谷クラブクアトロより生中継!(★限定50名様のみ渋谷クラクブアトロ現地で上映+ LIVE鑑賞ができます!

※本編61分+トークショーは30分ほどを予定しております。
※7.5(日)のトークショーは、6.27(土)、6.28(日)に上映された物とで同じ内容になります。※7.4(土)の上映開始時間に変更がありました。ご了承ください。
※7.14(火)の劇伴再現LIVEは50分を予定しております。

【TICKET】

当日一般:¥1600|※7.14(火)のみライブ付き特別料金¥3000となります。

※本作の劇場収入分は今後公開される劇場=アップリンク吉祥寺、チネ・ラヴィータ、シネマスコーレ、シネ・ウインド、第七藝術劇場、アップリンク京都、元町映画館、横川シネマ、シネマジャック&ベティに均等に分配されます。

【NEWS】橋本愛・大森靖子・蒼波純・稲葉友らがアフタートークに参加!松居大悟監督『ワンダフルワールドエンド』上映決定!(SCREEN❷)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mu-mo_button-8-740x128.png

『ワンダフルワールドエンド』

橋本愛、大森靖子、蒼波純、稲葉友がアフタートーク出演!松居大悟監督による音楽と映画の常識をぶっちぎる鮮烈な絶対少女ムービー

 最新作「#ハンド全力」が7.31(金)-が全国公開、初の小説「またね家族」も刊行するなど多方面で活躍中の松居大悟監督の2015年の劇場公開作「ワンダフルワールドエンド」がオンラインシアター”STAY HOME MINI-THEATER”に登場! 
 松居大悟監督が手掛けたMusic Video(橋本愛と、ミスiD2014グランプリの蒼波純が共演・大森靖子の楽曲「ミッドナイト清純異性交遊」と「君と映画」)を再編集し、追加撮影したエピソードを交えて二人の少女の物語を紡ぎ出した異色作。第65回ベルリン国際映画祭にも出品されるなど国内外で注目を集めた。  

2014|監督・脚本・編集:松居大悟|音楽・劇中歌・主題歌:大森靖子|出演:橋本愛、蒼波純、稲葉友、利重剛、町田マリー、大森靖子|企画:直井卓俊|プロデューサー:片平学、山本玲彦、紙上養一、林武志|音楽プロデューサー:直枝政広|撮影:塩谷大樹|照明:横堀和宏|録音:戸村貴臣|美術:片平圭衣子|衣装:纐纈春樹|ヘアメイク:感謝(驚)|スチール:二宮ユーキ、金子山|製作:avex music creative inc.|制作プロダクション:CONNECTS LLC.|配給:SPOTTED PRODUCTIONS|カラー|16:9|STEREO|82min

【SCHEDULE】

7.14(火)22:00- ※ゲストトーク:稲葉友、松居大悟監督※MC:直井卓俊(企画プロデューサー)
7.15(水)22:00- ※ゲストトーク:橋本愛、蒼波純、大森靖子 ※MC:森直人(映画評論家)
7.16(木)19:00- ※ゲストトーク:稲葉友、松居大悟監督 ※MC:直井卓俊(企画プロデューサー)
7.17(金)19:00- ※ゲストトーク:橋本愛、蒼波純、大森靖子 ※MC:森直人(映画評論家)【再】

【TICKET】

¥1500均一

※本作の劇場収入分の売上は、ミニシアターエイド基金への追加寄付させて頂きます。